このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島第三の黒『黒さつま鶏』

皆さん、こんにちは。

ふるさと便担当の中村です。

あっという間に夏が終わりますね。。。。。

もっと夏らしい!ことをしたかったと今更思います。

 

さて、皆さん「黒さつま鶏」をご存知ですか?

鹿児島といえば、鹿児島黒牛、鹿児島黒豚が日本全国に知られるブランドとして有名ですが、

そんな鹿児島の黒を背負う、第三の特産品として誕生したのが「黒さつま鶏」です。

鹿児島では、新たなる黒として注目されています。

鹿児島県の畜産試験場が「黒」にこだわり、研究を開始したのは平成13年のことです。

それから6年の年月を経て、平成18年に黒さつま鶏が誕生しました。

本格的に出荷が始まったのは平成23年とごく最近耳にする機会も増えてきました。

 

黒さつま鶏は喧嘩をすることが少ないおとなしい地鶏といわれており、

生存率が高く、地鶏の中では生育が早いのが長所です。

また、高級品としてではなく、多くの人に食べてもらいたいと、生産コストにもこだわっており、

ブロイラー産出額全国一の鹿児島県ですが、そのノウハウを注ぎ、コスト軽減にも成功しました。

黒さつま鶏は、旨味成分であるアミノ酸が多く含まれ、他の地鶏と比べて脂のノリがいいです。

煮ても、焼いても硬くならず、冷めても美味しい肉質が特徴的です。

水分が少なく締りがあり、筋繊維が細かいので、歯切れの良さと適度な弾力を持ちながらも柔らかな食感が楽しめます。

 

鹿児島の第三の黒として注目を集めている「黒さつま鶏」。

ふるさと便でも黒さつま鶏関連の商品を取扱っております。

この機会に是非黒さつま鶏をご賞味ください。

黒さつま鶏商品の購入はこちら↓

http://furusato.karen-ja.or.jp/products/list.php?category_id=10

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事